願成就寺(總州 願成寺)について

草創時は浄土系の四宗兼学寺院であったと云われ、その後に律宗西大寺流(真言律宗)の寺院となります。

その頃、鎌倉 極楽律寺が当山の本山であり、奈良 西大寺が総本山でありました。

鎌倉 極楽律寺の開山様であり初代長老の忍性菩薩(良観房忍性 阿闍梨)が入滅された後、当時の願成寺長老であった榮眞律師(圓眞房榮眞阿闍梨)が、鎌倉 極楽律寺の第二代長老として入寺されています。

また、伝によると上總國守護・久我台城 城主 北條久時公により、久我台城表鬼門鎭護の為に北條氏の氏寺として弘安三年(1280年)創建とも伝わっています。

 

その後、鎌倉幕府の衰亡、建武の新政、室町幕府成立と衰亡と激動の時代を歩んで行きます。

大永元年(1521)に当時の土気城主の酒井定隆による宗教政策の「上総七里法華」により法華宗に改宗し、中興開山に日誦上人を迎え再興、京都 妙満寺が総本山となりました。

さらにその後、日蓮宗妙満寺派が明治31年(1898)に顕本法華宗に改称され、現在に至ります。

願い成就・成るお寺

春先になると境内の枝垂れ桜が満開に咲き誇り、見物客で賑わいます。

また、寺号の「願成就寺」からも読み取れる様に「願い」が「成就(叶う)」と言われています。
最近でも「お寺の境内でプロポーズしたら成功した」とか「恋愛成就をお願いしたら叶ったとか」とかという様なお話をしばしば伺います。
皆様も「春の枝垂れ桜」や「願掛け」などにいらっしゃってみてはいかがでしょうか。

平成30年 願成就寺(總州 願成寺)夏詣のご案内

同夢山 願成就寺(總州 願成寺)・夏詣について

平成26年より、東京・浅草の浅草神社様を始めとする寺社様並びに「夏詣実行委員会」の皆様が、「新しいニッポンの習慣づくり」として始められたこの「夏詣」でございますが、当山は平成28年より賛同・参画させて頂いております。

 

皆様もよくご存じの、「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色については、

五行説にあてはめた五色という事で、緑・紅・黄・白・黒を指します。

元来、中国では五色の短冊ではなく、五色の糸をつるそうです。

また短冊は、お盆や施餓鬼法要で用いる佛教の五色の施餓鬼幡からも影響を強く受けています。

 

 

意外かもしれませんが、お寺も「七夕様」や、本年で当山でも3年目を迎える「夏詣」とも繋がりがございます。

皆様お誘い合わせの上、お気を付けてお詣り下さいませ。

 

〇当寺の夏詣の期間についてご案内〇

6月30日〜8月21日迄

 

夏詣期間中は夏詣限定御朱印をご用意しております。

また、御朱印、祈願・お祓いについては当寺住職が対応させて頂きます。

 

※住職不在の場合もございますので、ご来寺の際は予めご連絡頂けますと幸いです。


◯更新情報◯

平成30年6月24日(日)

HPを夏詣に併せて更新し、内容をリニューアル致しました。

平成29年12月28日(木)

HPを初詣に併せて更新し、内容をリニューアル致しました。

平成29年8月21日(月)

HPの題字は、今迄筆字フォントを使用しておりましたが、今回郷土で書を嗜まれておいでの、村井 風潮 殿が揮毫して下さりご奉納下さいましたので、掲出させて頂きました。

この場を借りて心より御礼申し上げます。

平成29年6月30日(金)

HPを夏詣に併せて更新し、内容をリニューアル致しました。

平成28年6月19日(日)
イベント・催事情報を公開し内容を更新しました。

平成28年5月26日(木)

御由緒を公開し内容を更新しました。