願成就寺(總州 願成寺)について

草創時は浄土系の四宗兼学寺院であったと云われ、その後に律宗西大寺流(真言律宗)の寺院となります。

その頃、鎌倉 極楽律寺が当山の本山であり、奈良 西大寺が総本山でありました。

鎌倉 極楽律寺の開山様であり初代長老の忍性菩薩(良観房忍性 阿闍梨)が入滅された後、当時の願成寺長老であった榮眞律師(圓眞房榮眞 阿闍梨)が、鎌倉 極楽律寺の第二代長老として入寺されています。


また、伝によると上總國守護・久我台城 城主 北條久時公により、久我台城表鬼門鎭護の為に北條氏の氏寺として弘安三年(1280年)創建とも伝わっています。

 

その後、鎌倉幕府の衰亡、建武の新政、室町幕府成立と衰亡と激動の時代を歩んで行きます。


大永元年(1521)に当時の土気城主の酒井定隆による宗教政策の「上総七里法華」により法華宗に改宗し、中興開山に日誦上人を迎え再興、京都 妙満寺が総本山となりました。


さらにその後、日蓮宗妙満寺派が明治31年(1898)に顕本法華宗に改称され、現在に至ります。

「願い」が「成就する」「お寺」と書いて願成就寺。

春先になると境内の枝垂れ桜が満開に咲き誇り、見物客で賑わいます。

また、寺号の「願成就寺」からも読み取れる様に「願い」が「成就(叶う)」と言われています。
最近でも「お寺の境内でプロポーズしたら成功した」とか「恋愛成就をお願いしたら叶ったとか」とかという様なお話をしばしば伺います。
皆様も「春の枝垂れ桜」や「願掛け」などにいらっしゃってみてはいかがでしょうか。

榮眞忌のご案内

鎌倉時代、圓眞房榮眞大德は願成寺長老として、
寺門興隆・伝教に東奔西走され、忍性菩薩亡き後、
鎌倉 極楽律寺の二世長老となり、鎌倉や奈良を中心に活躍されました。

約七百年の時を超えて、榮眞大德のご遺德を偲んで法要を奉修致します。

※法要はどなたでもご参列頂けます。
法要に参列される方は、少しお早めにご参集願います。

東金・山武 古社寺めぐり
東金・山武 古社寺めぐり

願成就寺は「東金・山武古社寺めぐり」を主催する、東金・山武古社寺の会 参画寺院です。