寺宝・文化財


北條三介之墓(五輪塔)

伝・歴代上總國守護 北條 長時、北條 久時、北條 守時之墓

通称「三介之墓」

鎌倉時代、北條 久時 公により創建された当寺の広大な寺域(境内・寺領)に、この五輪塔は造立されていたと考えられていますが、「上總七里法華」の際に当時の住職や願成寺村の村民の手で破却を逃れる為に土中に埋められたという口伝が伝わっており、明治期に隣接する若宮八幡神社付近の畑地から願成寺村の村民によって発見、掘り起こされ当寺住職墓地附近に安置されておりましたが、平成の本堂大改築の際、願成地区と願成就寺の宝として、新たに境内の現在地に安置されたものです。

構造としては、特に空輪・風輪・火輪の造りが従来にみられない様式を備えており、極めて貴重です。

火輪上部に露盤様の造り出しを設けており、この四方の側面に格狭間を刻んでありますが、これが鎌倉時代の様式を留めており注目されます。

なお、願成地区(旧願成寺村)の言い伝えによると、歴代上總國守護 北條 長時、北條 久時、北條 守時之墓と言われ、通称「三介之墓」として、今でも地元の方々から親しみ尊ばれています。